知床世界遺産センターホーム

HOME > 職員紹介

職員紹介

世界遺産センターでは、環境省・北海道・自然公園財団の計3つの機関が共同で運営を行っています。生物の多様性が魅力の知床。世界遺産センターにおいても、複数の機関が協力することで、より良い運営を行っていきたいと考えています。どうぞ皆さん、世界遺産センターにお越しの際には、是非、職員にお声をお掛け下さい。

環境省

前田 尚大

◇前田 尚大(まえだ なおひろ)

自然保護官(レンジャー)。大学院卒業後、環境省本省勤務を経て平成27年4月より現職。20年過ごした東京を離れ、この「地の果て」の世界遺産にやってきました。秘境と呼ばれますが、意外にもここ知床は過去に開拓民が入った歴史を持ち、開発の波が押し寄せるなか地元の人によって守られ再生されてきた場所です。残雪をかぶる知床連山や初夏の知床五湖のミズバショウ、紅葉の下サケを追うヒグマ、流氷の上を舞うオジロワシ・・・そんな光景を今でも見られることに感謝しながら、大自然を残しつつたくさんの人に味わって貰いたいと思います。あなたも、この「地の果て」で山・川・海のダイナミズムを体感しませんか。

西田 樹生(にした たつき)

◇西田 樹生(にした たつき)

自然保護官。平成28年4月より、知床ウトロのレンジャーとして参りました。動物好きの私にとって、知床はまさに憧れの地。日々当たり前のように目にする多くの動物たちに感動を覚えながら、まだ見ぬ出会いに胸躍らせる毎日です。 知床での仕事は国立公園の管理に加えて、世界遺産地域の保全・管理という責任あるものですが、現場にいると、この世界遺産が地域の方々をはじめ多様な関係者の深い連携によって支えられていると実感します。私もその一員として努力してまいります。

笠井 憲子

◇笠井 憲子(かさい のりこ)

環境省自然保護官補佐(アクティブレンジャー)。北海道で生まれ育った道産子。自然や生き物が好きで、ついにアクティブレンジャーになりました。ここ知床の厳しくも豊かな自然の中でアクティブに巡視して行きたいと思います。よろしくお願いします。

高橋 優太 (たかはし ゆうた)

◇高橋 優太 (たかはし ゆうた)

環境省自然保護官補佐(アクティブレンジャー)。関東でサラリーマンをしていたある日、友人に誘われ、なんとなしに地元・秋田県は鳥海山への日帰りハイキングへ。夕方下山する頃には既に山の魅力にとり憑かれていました。以降、寝ても覚めても山のことばかり考えるようになり、「愛してやまぬ山、ひいては自然と、そしてそれに関わる全ての人々のために、とにかく何かがしたい」その一心を抱いてこの知床の地へ。日々良く学び、登り、関わりあっていきたいと思います。

北海道

石井 弘之(いしい ひろゆき)

◇石井 弘之(いしい ひろゆき)

オホーツク総合振興局環境生活課主幹(根室振興局生活環境課を兼ねる)。平成28年4月に設置された「知床分室」の初代担当官。ウトロ側だけでなく羅臼側も担当しており、共通する特徴やそれぞれ独自の特色に触れるにつけ、知床の奥深さを感じています。知床は類い稀な自然に恵まれた地域ですが、その自然は長年にわたる地元の方々の取組により維持されてきた経緯にも想いを馳せ、知床の魅力を広めていきたいと思います。

自然公園財団

古坂博彰

◇古坂博彰(こさか ひろあき)

遺産センターでは唯一のウトロっ子スタッフ。知床の変遷を地元で50年以上見守ってきた知床マイスター。遺産センターの施設管理業務責任者として、また知床五湖の駐車場や遊歩道などの施設管理業務責任者として多忙な毎日を送っている。

向山 純平 (むこやま じゅんぺい)

◇向山 純平 (むこやま じゅんぺい)

大学のゼミ活動では恩師から環境政治学、主に国立公園について学び、研究していました。様々なボランティアに参加していく中で、いつか自分も自然公園財団(BES)にという思いを抱き、僕は今、此処知床でBESとして働いています。
日々、様々な国の人達が知床世界遺産を楽しみに訪れます。
そんな人達と接していると、自然との関わりだけでなく、人と人との触れ合いの大切さにも気づかされる毎日です。知床の自然と共に、自分自身も成長していきたいと思います。知床世界遺産センターに来訪する方々に知床の魅力、ルールやマナーを伝え、より一層、知床の雄大な自然を楽しんで頂けるよう努めていきます。

大沢 純平(おおさわ じゅんぺい)

◇大沢 純平(おおさわ じゅんぺい)

専門学校を卒業し、豊かな自然を求めて東京から知床へ。
自然を学ぶ一番よい方法は、フィールドに出ること。知床ならではの雄大で繊細な自然を知るために日々散策に出かけています。
そんな私は植物が好きで下を向いて歩くこともしばしば。しかし気持ちは前向きに。
利用者にとっては一度きりの体験かもしれない。その気持ちを忘れずに知床の世界自然遺産、国立公園の素晴らしさを伝えていければと思います。

古坂 涼介(こさか りょうすけ)

◇古坂 涼介(こさか りょうすけ)

知床・ウトロでうまれ、この豊かで広大な知床の自然を見て育ちました。数少ないウトロっ子スタッフの一人です。 自然についての情報や専門的な知識はまだまだ勉強中ではありますが、私が幼い頃起きたウトロという町の変化やその出来事など、地元の人ならではの情報を皆さまに発信できたらなと思います。

吉岡 哲(よしおか さとる)

◇吉岡 哲(よしおか さとる)

専門学校で環境について、そこに生息している生物たちについて学びました。 その知識を活かすべく豊かな環境、多くの野生生物が生息している知床へ来ました。 私は山が好きなので登山を積極的に行い、たくさん自然とふれあっていきたいと思います。 そこで得た知識や経験を来館される方々に、楽しく・分かりやすく説明し、知床の素晴らしい環境をたくさんの人に知ってもらいたいと考えています。