知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > シロザケとカワガラスのダンス

シロザケとカワガラスのダンス

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
自然公園財団知床支部の山田です。

今日初めて遠音別川サケ・マス遡上観覧施設に行ってきました!
短いですが、シロザケとカワガラスのダンスの動画を撮影してきたのでご紹介します。
シロザケアイキャッチ2.png
【WHC】シロザケ-1.mp4
シロザケの産卵行動。

シロザケは海では銀色ですが、川では婚姻色と呼ばれる模様に変わっています。

ちなみにこの模様はブナの木肌に似ていることから「ブナ模様」と呼ばれています。

生きものって本当に不思議ですね......。


【WHC】シロザケ-2.mp4
水面に飛び出る無数の背びれ。

数の多さに圧倒され思わず息を呑んでしまいました。

【WHC】カワガラス.mp4

そしてこれはカワガラスのコミカルでキュートでアグレッシブかつミニマルなダンス。

時折目が白くなりますが、これは鳥の目に備わっている「瞬膜(半透明)」ではなく、

白いまぶたになります。

遠音別川サケ・マス遡上観覧施設にいるカワガラスはじっくりと観察できるので、

見かけたら目もチェックしてみて下さいね☆



紅葉真っ盛りの知床にお越しの際は、シロザケの遡上を是非ご覧ください!

カワガラスもね(小声)


担当:山田

記事掲載日: 2020/10/14  カテゴリ: 知床自然情報