知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 人生初斜里岳

人生初斜里岳

 この間斜里~幌加内~天塩~稚内~興部~斜里という2泊3日の旅をしました。斜里に戻って来た時に「あぁ我が家に帰ってきた」と、移住5ヶ月目にして初めて抱いた感情それは「第二の故郷」というものでした。

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。
 自然公園財団知床支部の山田です。

 先週の土曜日に生まれて初めて斜里岳に登りました。天気は霧雨でガスがかかっていて生憎でしたが、登るのが非常に楽しい山でしたので振り返ってみたいと思います。
 しかし!登ることに集中し過ぎてしまった為、載せている写真の順番が前後している可能性があります。

 では行ってみましょう!

1-S.jpg
山荘から撮影した写真。麓は見るけど、山頂の方は完全に雲の中でした


山荘からちょっと歩くと登山道の入り口へ。登山開始!

3-S.jpg
歩き始めてちょっとすると川の音が聞こえてきます

4-S.jpg
川の流れる音が非常にアンビエント。そばを歩くだけで楽しい

5-S.jpg
幻想的

6-S.jpg
石の上に乗って反対側へ

7-Sr.jpg
一眼レフが水没するのが怖かったので、途中でスマホに切り替えました

8-Sr.jpg
斜里岳楽しいです。忍者になった気分で歩いていました

10-S.jpg
下山の時は新道を通ってくるのですが、個人的に辛かったです

11-Sr.jpg
人が多くて滝の写真を撮るタイミングが......

12-S羽衣の滝2.jpg
羽衣の滝


14-Sr.jpg
ロープを使って急な斜面を登ります。楽しい。しかし十分に注意は必要......

13-Sr.jpg
霧雨の中沢を登る。人生とは?ということを考え始める。でも危ないので直ぐに登りに集中

15-Sr.jpg
楽しい道が続きますが、一歩間違えればかなり危険なので集中して登ります

16-Sr.jpg
上二股まで後少し

8J2A4966.jpg
レインウェアの下は汗びっしょり。沢や滝の水しぶきを浴びるので低体温症にご注意を

18-ナナカマドr.jpg
ナナカマドの実。おいしそう(?)

17-Sr.jpg
胸突き八丁到着。胸を突かないでほしい。優しくしてほしい

19-Sr.jpg
馬の背到着!!ここから馬の背中に乗って山頂までひとっ走りではありません

20-Sr.jpg
霧雨とガスという状況でしたが、馬の背から山頂へ向かう途中で青空が見えてきました!!あともうちょっと!!

8J2A4972.png
斜里岳山頂到着~~~!!!(写真の加工のせいで悪夢みたいになっていますがお気になさらず)

 無事登り切り感無量です。お昼を食べ休憩してから下山開始。
 写真には撮れなかったのですが、ホシガラスとノゴマを見ることができて嬉しかったです。

22-Sr.jpg
下山途中エゾシマリスと遭遇!!「かわいいねぇ......」とブツブツ呟きながら撮影した

23-Sr.jpg
無事下山~!


休憩時間を除くと6時間50分というコースタイム。
ちなみに初心者は往復7時間。中級者以上は往復6時間。健脚者以上は往復5時間が目安となっています。

人生初斜里岳登山。本当に楽しかったです。最初から最後まで変化に富んでいて、こんなにも登るのが楽しい山は初めてでした。

次はどこの山に登ろうかな?

それではまた。

担当:山田

記事掲載日: 2020/09/10  カテゴリ: 知床自然情報