知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 初秋の草原 9/3

初秋の草原 9/3

ススキ フレペ  whc.jpg
残暑らしく蒸し暑い日々が続いていますが、2日前に散策したフレペの滝遊歩道・草原部ではすでに秋のサインがちらほら。
ススキの穂が風に揺られ、青々としていたシダも茶色く色づき始めていました。


キオン 綿毛 whc.jpg
[キオン]
黄色く咲いていたキオンはフワフワの種子を身につけていました。
名前のよく似る「シオン」と同じキク科で、漢字は「黄苑」と書きます。シオン(紫苑)と同じ仲間で、花びらが黄色いことから「キオン」という名前が付きました。


ハンゴンソウ whc.jpg
[ハンゴンソウ]
写真の花は遊歩道から良く目立ち、最大で2メートルにも成長します。
同時期に見られるキオンとの違いは、花びら以外に葉が分裂していることです。
花の識別に困った時のために花図鑑も持ち歩くと便利ですよ!


namikisou whc.jpg
[ナミキソウもまだまだ開花中です!]


トノサマバッタ whc.jpg
[トノサマバッタ]
フレペの滝遊歩道は、バッタやコガネムシの仲間などの昆虫に出会えるチャンスもあります。
散策では虫や動植物を獲らずにそっと見守り、自然の写真を撮り、心の中で思い出を残しましょう!

<担当:畔栁>

記事掲載日: 2020/09/09  カテゴリ: 知床自然情報