知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 人生初羅臼岳~後編

人生初羅臼岳~後編

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
 自然公園財団知床支部の山田です。

 それでは早速前回の続きから!羅臼岳登山後編!

1-10.jpg
大沢を登り始める向山さん。軽やか

1-11.jpg
エスカレーターかな?と思う程に向山さん軽やかに登っていきます。僕はヒイヒイ言いながら登りましたが、大沢凄い楽しかった

1-12.jpg
チシマクモマグサ。かわいい


 綺麗に咲いていたのもあったのですが、一眼レフをリュックから取り出す元気や、カメラをかけて登る元気が無く、花の写真は少ないです......。


1-13.jpg
ジムカデ。本当はかわいらしい白い花が咲くのですが、もう見頃は過ぎていました。来年リベンジ!!

1-14.jpg
イワギキョウ。凄いかわいい!!

 ガレ場や岩場に咲く花ってなんでこんなにかわいいんでしょうか。高山植物に魅了される人の気持ちが凄い分かります。
 植物はこの他にもあったのですが、正直カメラをこまめに出す余裕が無くてこの写真まで。
 見たことの無い花ばかりだったので、次回また観察したいです。


1-15.jpg
無事大沢を登りきりました。途中岩を掴み登るような所もあり注意が必要です。でも楽しかったな

1-16.jpg
羅臼平に到着。山頂が近づいてきました

1-17.jpg
羅臼平にあるフードロッカー


 羅臼平にはテント場がありそこに泊まることができます。その際は少し離れた所にあるフードロッカーに持ってきた食べ物を保管します。知床はヒグマが高密度生息している為、特に核心部である場所では食べ物に十分な注意を払わないとヒグマを誘引し、人から食べ物を奪おうとする個体が出てくる可能性がありますので、テント泊の際は食べ物はフードロッカーに入れて下さい。
 またリュックはフードロッカーの中に入れないで下さい。入れてしまうと他の人が食べ物を入れられなくなります。
 日帰りの登山でも食べ物、ゴミの管理はしっかり行って下さい。

1-18.jpg
岩清水分岐に到着。岩から水が湧いているのですが、僕が行った時は汲める程湧いていませんでした


1-19.jpg
山頂まで後ちょっと。......ん?ひょっとしてあそこの岩登るの?

1-20.jpg
向山さん活き活きと登っていきます。僕はヒイヒイと登っていきます。でも楽しい

1-21.jpg
後ろを振り返ってみると......。雄大な景色に見とれてしまいます。

1-22.jpg
知床連山。奥の方に硫黄山が見えます。いつか縦走してみたいな......

1-23.jpg
国後島も綺麗に見えました。逆にウトロ側は雲海で何も見えなかったです

1-24.jpg
山頂直下の岩場のコケモモとキノコの組み合わせがファンタジー!......ところでこのキノコの種類は何なんでしょうか

1-25.jpg
あともうちょっと頂上!......これ、本当に登れるのか!?


1-26.jpg
登れました!無事頂上に到着!

アートボード 1.jpg
感無量の僕

1-27.jpg
目の前に広がる美しい景色。これをどう表現すれば良いのか分かりません

1-28.jpg
そして無事下山!

 というわけで前後編に分けた人生初羅臼岳登山いかがでしたでしょうか?

 相応の準備が必要ですが、個人的には知床に来たら必ず体験してもらいたいアクティビティだなと思いました。

 もし興味がありましたら知床世界遺産センターや、知床自然センター等のビジターセンターで聞いてみて下さいね☆

 それではまた。

担当:山田

記事掲載日: 2020/12/04  カテゴリ: 知床自然情報