知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 人生初羅臼岳~前編

人生初羅臼岳~前編


 おはようございます。こんにちは。こんばんは。
 自然公園財団知床支部の山田です。

 先週の金曜日生まれて初めて羅臼岳に登ってきました。上司の向山さんも一緒。
 4月に知床に移住してきてから、西別岳、藻琴山、雌阿寒岳を登り、斜里岳、羅臼岳の順番で登ろうと思っていたのですが、斜里岳は天候に恵まれなかったので、先に羅臼岳に登ることになりました。
 
 どんな山行だったのか、写真と共に振り返りたいと思います。

1-1.jpg
朝6時に登山道入り口で待ち合わせ。名簿に住所や名前を記入して登山開始!

比較的緩やかな林道が続きます。まだまだ元気一杯

1-3.jpg
弥佐吉水までの途中にある道。木が綺麗に反っていて、なんだかジブリ感のある道で素敵でした

1-4.jpg
弥佐吉水に到着。直ぐ近くに水場がありました。まだまだ元気一杯!

1-5.jpg
極楽平到着。今回はちゃんとこまめに行動食を食べているので元気一杯!

1-6.jpg
仙人坂に到着。仙人はいませんでした

1-7.jpg
銀冷水に到着。綺麗な水が湧いていましたが、使用する時は煮沸をおすすめします

1-8.jpg
大沢入口に到着~!ここまで約2時間。コースタイムを上回るスピードで到着!

 というわけで大沢までは順調に到着しましたが、上司の向山さんは往復で5~6時間で登るとんでもない速さなので、ここからは向山さんに先行してもらい、僕は後からゆっくり行くようにしました。


1-9.jpg
 大沢を見上げ少し途方に暮れる私とスイスイと登り始める向山さん。


 さぁこの先一体何が待ち受けているのか!?デデン(三味線の音)
 まて次回!!

 担当:山田









記事掲載日: 2020/12/04  カテゴリ: 知床自然情報