知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 知床連山縦走 花々 2020/6/22-23

知床連山縦走 花々 2020/6/22-23

知床連山縦走してきました。
今回は硫黄山登山口から入り、羅臼岳岩尾別登山口に下りるコースにしました。
花々を中心にお知らせしたいと思います。


シラタマノキ
丸い白玉のような花がカワイイです。
水滴がついて飴細工のように見えました
これからしばらく楽しめそうでした。


ゴゼンタチバナ


イソツツジ
イソツツジはそろそろ終わりのほうでした。


新噴火口では硫黄の蒸気が出てきているところがあります。
硫黄山が活火山であること、そして地球が生きていることを感じられます。


シレトコスミレ
今まさに満開といった感じでした。
あちらこちらで咲いていて、撮影に忙しかったです。
毎年この花を見るために、硫黄山に登っています。
今年も見られてよかった。特に今年はいいタイミングに行けました。


エゾノツガザクラ
蕾が多く、これからが楽しみです。


エゾコザクラ
早い時期の花ですが今が満開で、楽しませてもらいました。


硫黄山から羅臼岳方面を望む
羅臼岳には雲がかかっています。


ミネズオウ
星形のピンクの花が沢山咲いていました。


イワウメ
これから咲くものもたくさん見られて、しばらく楽しめそうです。


メアカンキンバイ


チングルマ
まだ花は少なかったです。
満開はこれから、この先楽しみな花です。

今回の縦走では早い時期の花もこれからの咲き始めの花も花々が一斉に咲いていて、すごくよかったです。

担当:笠井

記事掲載日: 2020/06/25  カテゴリ: 知床自然情報