知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 冬と春が混ざり合う季節

冬と春が混ざり合う季節

最近のウトロは寒暖の差が大きくなり、午前中に雪が降ってもその日のうちに溶けてしまいます。

puyuni 0328 whc.jpg

horobetu 0328 whc.jpg
今朝は氷塊がウトロ海岸にぽつぽつと残り、ほとんどの流氷は沖へ流されていました。
4月初めでも流氷が来てくれるのか・・・海明けまで流氷観察を続けたいと思います。


0328 フキ whc.jpg

プユニ岬周辺では雪を被っているフキノトウを発見!
地表から芽吹くアキタブキを見つけると、春の兆しが訪れているのが分かります。
より気候が暖かくなれば他の植物も開花し、冬眠していた動物たちも目を覚ますでしょう。

冬と春が混ざり合う今の時期もおすすめです!

記事掲載日: 2020/12/04  カテゴリ: 知床自然情報