知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 荒天の後の各地

荒天の後の各地

昨日の春の嵐がウソの様に好天になった斜里町ウトロ。
各地の様子を一挙ご紹介!


まずはプユニ岬から。
海を覆っていたはずの流氷がいなくなってしまいました。
沖にはわずかに流氷が見えていますが、戻ってくることはあるのか?
突然の別れに戸惑いが隠せません。


次は、チャシコツ岬から。
通称カメ岩周辺は、流氷がまだ残っています。


そのまた次は、オロンコ岩から。
雪がすっかり溶けてしまっています。
先日のドカ雪は、昨日の雨で消えてしまったようです。
一部分日陰で凍っている階段に気をつければ、オロンコ岩登れます。


ウトロ港から。
港内には、氷が残っています。
ところで、この写真にちょっと気になるところが・・・


知床連山が黒くなってきています(写真は羅臼岳)。
雪解けが早すぎです。
春山スキーは楽しめるのだろうか?不安がよぎります。

どうやら昨日の荒天は、季節を早送りしてしまったようです。
このまま春が訪れるのか、はたまた冬に逆戻りすることはあるのか。
春の気配は気分をウキウキさせてくれて、うれしいですが、
まだまだ、冬のアクティビティーを楽しみたい私はちょっと複雑な気分です。

記事掲載日: 2020/12/04  カテゴリ: 知床自然情報