知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 秋の森

秋の森

森を散策してきました。
秋の森は、木々から葉がすっかり落ちてしまって、見通しがよくなっています。
生きものの観察には、いい時期になってきました。
どんな生きものに出会えたでしょうか?


はじめに雄ジカが迎えてくれました。
立派な角の雄ジカです。
ハーレムでしょうか?周りに雌ジカが集まっています。


こちらを警戒しながらも、
もぐもぐと採餌に熱心です。


次は、ハシブトガラです。
カラマツの松かさを熱心についばんでいました。
ちょいちょいっとついばんでは、次々と松かさを渡り移っていました。

落ち葉の中をかさかさ歩いていると、


エゾリスです。
ちょこちょこと動くたびにしっぽがふわふわと揺れます。

ヒグマは糞があちこちに落ちていたので、まだ冬眠していないようです。
出かける際は、ヒグマに気をつけて散策を楽しんでください。

記事掲載日: 2019/12/02  カテゴリ: 知床自然情報