知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 鹿の暖かな日常

鹿の暖かな日常

IMG_0785whc.jpg

ウトロでは雪解が進み、少しずつ春らしくなってきています。

フレペの滝遊歩道を歩いていると、草を求めて移動するエゾシカの群れを見つけました。
風も弱く、やや温暖な気候だったため草が生えた地面の上に留まっていました。

IMG_0814whc.jpg

しばらくシカの様子を見守っていると、2歳~3歳ほどのオスジカが何度も角を突き立てながら喧嘩を始めました!
今回の群れは枝分かれしたオスが多く、自分の力を示したいという気持ちが出てしまったのでしょうか。

喧嘩の撮影中に、角と角がぶつかり合う「カッ、カッ、カッ・・・」という音が遊歩道中に響いていました。晴れた空の下で聞く大きな音は、心地よい音色でした。

IMG_0782whc.jpg

[少しだけ流氷が見えました!]

ウトロ海岸を覆っていた流氷はなくなってしまいましたが、双眼鏡やカメラのズームを利用すると沖合いに浮かぶ白い流氷帯が見られました!

流氷が遠くへ去ってしまうのは少し寂しいものですが、これから様々な花や昆虫が見られる春がやってきます。これからの散策が楽しみですね。

記事掲載日: 2019/03/30  カテゴリ: 知床自然情報