知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 流氷と隙間

流氷と隙間

流氷に少しだけ隙間があきました。

海を真っ白にする姿も素敵ですが、
隙間があると場所ごとに変化があるため、
個人的にはこちらの風景のほうが好きです。

 

氷に隙間ができるとその隙間にカモメやカモ類がくるため、
それを狙うオオワシ、オジロワシも動きます。

そのため海岸近くの木よりも今日は流氷の上に
とまっている姿を良く見かけました。 
※ 双眼鏡必須
20190216オジロ.JPG
流氷とのコラボは何度見ても最高!

ウトロ~斜里間を車で走るのも楽しいですが、
天気がよい日は車から下りて歩いてみると
じっくりと辺りを観察できるため、面白い発見があります。
20190216アイスブルー.JPG
光の条件が良いと流氷がうっすら青くなる
「流氷ブルー(アイスブルー)」
が見られるかもしれません!

 

2019年の流氷記事はこちら

1/17「流氷が!!」

1/23「沖合いに浮かぶ流氷」

1/25「流氷が近づいてきました!」

1/27「接岸! 海が真っ白」

2/11「本日も流氷きています」 

 

 

2018年の流氷記事はこちら← から

記事掲載日: 2019/02/24  カテゴリ: 知床自然情報