知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 茶色から白に 白から茶色に

茶色から白に 白から茶色に

先週はどこを歩いても地面が見えており、
足元の落ち葉がパサパサと音を立てていましたが、

11日に森へ出かけると一面真っ白。まったく別の世界になっていました。
DSCN0762エゾシカ.JPG
エゾシカも白いお尻が目立っていましたが、
雪が降ったことで体の茶色に目が行くようになり、

早くに発見できるようにりました。

IMG_9016エゾリス.JPG

エゾリスも同様で、茶色は白い森の中では目立ちます。
しかし、リスは出会ってすぐに走って行ってしまうことが多く、
見失いがち...ですが

なんと今回であったリスはよほどお腹が空いていたのか、
逃げずに人の目の前で
トドマツの実を真剣にかじっていました。 
可愛い♪

DSCN0763エゾリス.JPG

森の中は生きものの足跡でいっぱいです。
足跡をたどって行くと生きものに出会えるかもしれません!

また、木の実のカスや葉っぱがたくさん落ちていたら上にいることも!
要チェックです。 
                       s

 

 

散策をする場合はスノーブーツにスノーシューをはいて
出かけることをオススメします。


スノーシューのレンタルは知床自然センターで行っています。

 こちら← でご確認下さい。

記事掲載日: 2018/12/19  カテゴリ: 知床自然情報