知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 8/19 羅臼湖

8/19 羅臼湖

雨が上がり、天気も回復したため、羅臼湖へ
DSCN8043羅臼湖.JPG

長靴をはいてもドロドロになってしまう羅臼湖の散策路ですが、
今回は雨が降った後だったこともあり、水が多く、泥はそこまで付きませんでした。

また7月13日に行った前回とはだいぶ花も変わり、
現在はウメバチソウやサワギキョウが見頃です。

DSCN8081ウメバチソウ.JPG


DSCN8069サワギキョウ.JPG

羅臼湖までの道ではツルリンドウも蕾を大きくしており、花を広げる準備が整っている状態でした。

DSCN7994ツルリンドウ.JPG

今年は雨も多く「あ~夏だな...」と思える日が少なかったため、夏の終わりを感じさせる
花を見ても実感がわかず、春から秋にタイムスリップしてしまった気分になります。

7月に花をつけていた ツルコケモモ は実になっていました。まだ熟していないため、青色です。
DSCN8070ツルコケモモ(実).JPG

人間の気分は夏でも自然は少しずつ移り変わり、季節が変わってきています。

☆ おまけ ☆
ジムグリに出会いました。ホッペの赤い模様が可愛かったです。
FSCN8096ジムグリ.JPG

(担当:島田)

記事掲載日: 2018/08/26  カテゴリ: 知床自然情報