知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 残雪残る斜里岳

残雪残る斜里岳

6/30に清岳荘からのコースで斜里岳に行ってきました。

上二股まであと少しの場所では黄色いスミレが群生している場所がありました。
花の名前は キバナノコマノツメ
RSCN5570キバナノコマノツメ.JPG

沢のぼりで足場が不安定な場所が多く、ヒヤッとする場所もいくつかありましたが、
キレイな花を見ると落ち着きます。

馬の背までの道には黄色い花の ミヤマダイコンソウ(写真)、ミヤマキンポウゲ、
薄紫の ハクサンチドリなどが咲いていました。
CN55ミヤマダイコンソウ.JPG


RSCN557キバナシャクナゲ.JPG

山頂までは チングルマ や ホソバイワベンケイ、キバナシャクナゲ(写真)などが見られました。

そんな花々の中で、一ヶ所でしか見かけなかった花がありました。
エゾノハクサンイチゲ
RSCN5570エゾノハクサンイチゲ.JPG

近日中に登られる方はチェックです!
   (担当:島田)

 

また、例年はない残雪がいくつかあります。

アイゼンが必要なほどではありませんが、踏み抜きなどがありました。

残雪があった場所

下二股手前 一ヶ所 ※登りは段差が高く、足元が不安定
RSCN57残雪1.JPG

上二股~馬の背間 ※3ヶ所の中で一番長く上を歩き、踏み抜きの危険あり  RSCN570残雪2.JPG

上二股~熊見峠間 一ヶ所 RSCN5残雪3.JPG

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報