知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 弥三吉水まで

弥三吉水まで

岩尾別登山口から弥三吉水まで登ってきました。

IMGP6 ゴゼンタチバナとコケモモ.JPG

雨が続いたため、少し花が痛んでいたものが多かったのですが、登山道ではさまざまな植物が花を咲かせており、鳥達のさえずりも多く聞こえました。

霧が少し出ていたため、クマに遭遇しないか内心ドキドキしながら登っていましたが、出会ったのはキツツキの仲間の クマゲラ で一安心!

IMGP6545 クマゲラ.JPG

こっちがクマゲラに気付いた時にはあっちはすでに警戒モードだったらしくすぐに遠くへ行ってしまいました。

また、ところどころでギンリョウソウ(別名ユウレイダケともいう)を発見!
キノコかと思いきやこの見た目で植物の図鑑に堂々とのっています。

IMGP6545 ギンリョウソウ.JPG

菌に寄生するため葉緑体をもたない独特な生き方をする植物
ぜひ、見つけてみましょう。
(担当:島田)

※ この時期、弥三吉水より上は残雪が多く残っており、道がはっきりしません。道に迷いやすくなっています。地形図、コンパスによる読図が必須です。

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報