知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 初夏のオロンコ岩

初夏のオロンコ岩

オロンコ岩も目立つ花が増えてきました。

オレンジ色がきれいな エゾゼンテイカ(エゾカンゾウ)が咲き始め、
緑一色だったオロンコ岩の散策路を鮮やかな雰囲気に変えてくれています。

DSCN4651エゾゼンテイカと知床連山.JPG


DSCN4644エゾゼンテイカ.JPG
【 エゾゼンテイカ 】

足元には白色の花 マイズルソウ や スズラン 、オオヤマフスマ、クルマバソウも花を開かせていますので、目に見える花だけでなく、小さい足元の花にも目を向けてみましょう。

DSCN4231マイズルソウとスズラン.JPG
【 マイズルソウとスズラン 】

DSCN465オオヤマフスマ (2).JPG
【 オオヤマフスマ 】

DSCN465クルマバソウ (3).JPG
【 クルマバソウ 】

 

昆虫も多く見られるようになりました。

黒光りする体が特徴的な ツチハンミョウ を発見!
この子はお腹が大きかったため、たくさんの卵をこれから生みに行くところだったのかも知れません。
FSCN4289ツチハンミョウ.JPG

ついつい触りたくなってしまいますがツチハンミョウは毒を持っているため、
見かけても触らないようにしましょう。
  (担当:島田)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報