知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 春先によく目立つ大きな葉

春先によく目立つ大きな葉

DSCNbaikeisou5.jpg

[バイケイソウ]

夕陽台の散策路を歩いていると、先がやや尖った大きな葉を持つ植物を見かけました。

こちらはユリの仲間のバイケイソウという植物で、春になり気温が上がるとたくさん芽を出していきます
有毒なので間違えて食べてしまうと中毒症状を引き起こす可能性があります。

DSCN8miti 62.jpg

散策路の奥へ進むと、バイケイソウが木の下に群がるように密集していました。
道に敷き詰められたウッドチップの隙間からも顔を出す草もいたので、植物の持つ生命力は侮れないものを感じました。

散策路に草花が出ていても、踏みつけないように気をつけて散策を行いましょう。
夕方の散策では、フリースなどの防寒具の持参もお願いします。


                                       <担当:畔栁>

DSCNエゾエンゴサク.jpg

[夕陽台の散策路でもエゾエンゴサクが見られます]

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報