知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 周辺の変化

周辺の変化

遺産センターを出ると潮の香りがするようになってきました。

DSCN3101.JPG

冬には別の場所に行っていたセグロセキレイも戻ってきたため、尾をピコピコさせながら歩く、
可愛らしい姿が見ることができます。

周囲もカモメが飛び交い、鳴き声がたくさん聞こえます。

しかし、「カモメが鳴いているな...」だけで終わらせずに、騒がしいと思ったら空を見上げてみる事を
オススメします。

DSCN3108.JPG


特に突然一斉に鳴き出した場合は天敵のオジロワシが近くにいる可能性があり、観察のチャンスです。
今回はカモメに追われ、木にとまる姿が見られました。

また足元もだいぶ緑が増えてきました。

DSCN2898.JPG

ツクシも出てきています。

    (担当:島田)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報