知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 流氷 今年最後?

流氷 今年最後?

だいぶ気温が暖かくなり、ウトロ周辺は雪解けが進んでいます。

DSCN2638.JPG

今日は沖の方に少し見えていました。
(2018.3.31 8:00現在の様子)

大きな塊の流氷もありますが、岸や湾に少し残るくらいになりました。

DSCN2645.JPG

今年の流氷は量が多かったこともあり、3月に入ってもウトロで観察することが出来ました。
3月の下旬まで観察できることはめったにないことだそうです。

夕陽と流氷のコラボもこれが最後かも...

DSCN2461.JPG

なくなってしまうと寂しいですがこれから花や昆虫、鳥がたくさん見られる時期になります。
春・夏の自然情報も要チェックです。
   (担当:島田)

 

2018年の流氷記事はこちら

「接岸し始めました」1/31

「流氷の帯 流氷が見えました」1/29

「流氷が見えました!」1/11

「流氷大量です!」2/7

「雪の流氷ウォーク」2/16

「ちらりと見える海」2/28

「流氷上にキタキツネ」2/28

「あの静けさはどこへ...」3/2

「流氷 まだ大丈夫そうです」3/3

「風の力恐るべし...」3/9

「流氷 ちらほら」3/10

「流氷と夕陽の観察スポット~夕陽台~」3/22

「オオワシの日向ぼっこ」3/23

 

 

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報