知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > ちらりと見える海

ちらりと見える海

今週はマイナスの気温でも日差しが暖かく、積もった雪が少しづつ溶けて建物の屋根には大きなツララができています。

DSCN0477.JPG

また、今まで知床半島に流氷を運んでくれる風が多く吹いていましたが、流氷を沖に運んでしまう風も吹き、ギッシリしていたのですが、ところどころ海が見えている場所も増えてきました。

DSC00050.JPG

海岸付近であればどこでも流氷を見ることができますが、少し変わった流氷をオロンコ岩駐車場で見ることができます。

DSCN0482.JPG

それは「流氷が山」になっている姿です。
お酒のタンクを流氷で囲っているのですが、大きな氷の塊がゴロゴロと重なっている光景を陸の上で見る機会は少ないため、迫力がありました。

オロンコ岩駐車場はこの他に、夕陽や知床連山、たまに上空に海ワシも見られることがありますので、チェックです!
    (担当:島田)

 

 

2018年の流氷記事はこちら

「接岸し始めました」1/31

「流氷の帯 流氷が見えました」1/29

「流氷が見えました!」1/11

「流氷大量です!」2/7

「雪の流氷ウォーク」2/16

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報