知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 夕陽台での紅葉情報

夕陽台での紅葉情報

DSCN5181.jpg

[夕陽台の散策路]

先日、夕陽台で散策を行い、カメラを抱えながら夕陽が沈むのを待っていました。

周囲を見渡すと知床連山ほど木々の葉っぱの色付きは進んでいない様子です。イタヤカエデ等の木々が並んでいますが、まだ緑色のままでした。

 

DSCN5201.jpg

[イヌタデの紅葉]

その代わり、足元に生えていたイヌタデの葉が赤く染まり始めていました。
葉の先端から徐々に赤色に変化していく印象でした。


遊歩道での草や木々には緑色の葉が多い中、ポツンと赤く変色している様子は個人的には新鮮でした。

DSCN5185.jpg

[燃え尽きた?]

こちらのアザミも開花・受粉を終え、燃え尽きたかのように佇んでいます。
新しい世代に命を託し、そのまま体が自然に朽ちていくのにまかせる姿勢をしている気がします。


夕陽の写真を撮る前に、防寒着の着用とシャッターチャンス、そして何より撮る場所の譲り合いをお忘れなく!


            <担当:畔栁>

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報