知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 秋の潮風に吹かれて

秋の潮風に吹かれて

DSCN4733(ススキ).jpg

[オロンコ岩遊歩道より]

先日の夕方、オロンコ岩に登り秋の花の観察に行きました。
今回の散策では、ススキが茶色の穂を静かにさらさらとなびかせていました。

頂上の遊歩道でウトロの町並みがよく見える場所に生える印象で、ススキが人びとの生活を眺めているようでした。

DSCN4749(ミヤマアキノキリンソウ).jpg

[ミヤマアキノキリンソウ]

ミヤマアキノキリンソウも顔を出していました。
オロンコ岩の階段付近に1~2株、頂上の遊歩道には草むらの中で点々と共に咲かせていました。

オロンコ岩の植生地にところどころ枯葉が目立ち始め、少しずつ長い冬が訪れつつあるような気配がします。

DSCN4747(知床連山).jpg

今回は水平線が雲に覆われていたので夕陽は拝めませんでしたが、知床連山が雲を被る様子が幻想的でした。ほんのりと夕陽の光が反射しています。

現在の日没時間は17時40分頃になっております。日没時間が早くなると同時に、寒暖の差が激しくなってきています。
夕陽の観察の際は、体調としっかりと整えて、無理をせずに散策をお楽しみ下さい。


             <担当:畔栁>

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報