知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > いつのまにか...

いつのまにか...

DSCN8013.JPG

ウトロは晴れの日が続いており、散策日和となっています。

晴れていることで、キラキラと光る生きものを見つけることができました。


DSCN7564.JPG
【 ミドリシジミ 】

ぼ~っとペレケ川を眺めて歩いていたら、近くの葉っぱが青く光りました。

あまりにも綺麗な光だったので、足を止め、よく見るとチョウが葉っぱに止まっており、その翅の模様が光の反射で角度によって青く輝いていました。

その輝きはまるで宝石のようで、思わず見入ってしまいました。

散策するには良い天気ですが、知床は日の入りが早くなってきています。

本日の日の入り時刻は 17:49 です。

散策に出かけ、「いつのまにか日が暮れて周りが見えなくなってしまった!」

ということがないよう、時間に余裕を持ったスケジュールを立てることが大切です。

DSCN8005.JPG 
6時ごろには月もくっきり見えるようになりました。
           (担当:島田)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報