知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 知床五湖 何かに見える

知床五湖 何かに見える

先日知床五湖、地上遊歩道を散策しました。

クサレダマ (4).JPG

目立っていたのは黄色い花、クサレダマです。
臭いことからこの名前が付いたのではないため、花のにおいを堪能しても大丈夫!

読み方は
「クサレ ダマ(腐れダマ)」ではなく、「クサ レダマ(草連球)」です。
臭くないなんて信じられない!という場合は見かけた際に鼻を使って体験してみましょう。

オシドリ(メス) (3).JPG

散策中、水面に水鳥も見られました。

遠かったこともあり、肉眼ではマガモかカルガモに見えましたが、双眼鏡で確認するとオシドリのメスでした。

オシドリのメスは目元の優しい感じや色合いから少しエレガントな雰囲気があるように思います。

エゾスズラン (7).JPG

また、笹の近くではエゾスズランを見つけました。
名前だけ聞くとスズランの仲間かな?と思いますが、ランの仲間です。

ランの仲間はどれも独特な花の形をしています。
この花はじっくり見ると何か別の生きものに見えてきました。

植物の形から、なにか別のものに見えないか想像力を働かせるのも面白いです。

前回の知床五湖 自然情報は こちら←
                (担当:島田)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報