知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 気配を感じてみると

気配を感じてみると

先日、遺産センター近くのオロンコ岩へ行きました。

急な階段を暑さを我慢しながら登り、岩の上に到着。
岩の上を一周歩く散策路はスラスラと軽やかに歩くと5分もかからずに散策できます。

主に植物や景色が楽しめる場所ですが、静かにしていると違った生きものを発見できます。

ヒガシニホントカゲ (7).JPG

足元をチョロチョロと動き回るヒガシニホントカゲ。
こちらは散策路でご飯を食べていたり日向ぼっこをする姿をよく見かけます。
散策しているとたまに足元に出てくることがありますので踏みつけてしまわないように配慮してあげると生きもの達に優しい散策となります。

また、植物が不自然に動いたな...   なにかいる気がするな...
などと思ったら少しその周辺を観察してみると、鳥が出てくることがあります。

カワラヒワ (2).JPG
【 カワラヒワ 】

スズメ.JPG
【 スズメ 】

今回出てきたのはカワラヒワとスズメです。
どちらも植物の種や中に潜んでいる昆虫を食べていました。

たまに「なんにもないね」という声を聞きますが、さまざまな生きものが潜んでいますので、散策の際は生きもの達の気配を探ってみるのも面白いです。

前回のオロンコ岩、遺産センター周辺の自然情報は こちら←


                 (担当:島田)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報