知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 水を求めて...

水を求めて...

日向にいると暑かったため、涼しい場所を求めて近くを流れるペレケ川に行きました。

どうやら涼しい場所を求めていたのは私だけではなく、様々なチョウが水を飲み、翅を休めていました。

ミヤマカラスアゲハ (34).JPG

中でも良く目立っていたのが水を飲みにやってきていたミヤマカラスアゲハです。
飛んでいる姿も水を飲んでいる姿もとても綺麗でした。

サカハチチョウ (16).JPG

他にもオレンジと黒の色合いが綺麗なサカハチチョウがいました。
人が近づくとすばしっこく動き回りなかなか止まってくれなかったのですが、一匹だけ触っても水を飲み続ける子がおり、撮影。
春型と夏型がいるのですが、個人的に夏型の配色が気に入りました。触角までオレンジのワンポイントが入っていることに感動しました。

 

綺麗なチョウと涼しさに癒されていると、水を求めていたチョウが一匹、川の水を飲もうとしていました。

危ないな...と思った次の瞬間。
川に両方の翅が浸かってしまいました。

シータテハ (6).JPG

流される姿を見て、「判断を誤っちゃったんだな...」という生きものの生き方について。そして「魚がいればエサになるのにな...」という生きものの食う食われるの関係を思い、考えさせられました。

少し歩くだけで生きもの達が自然の中で生きる姿を見ることが出来ますので時間に余裕がありましたら、散策してみてください。

 

前回の散策記事は こちら←
                (担当:島田)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報