知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 7/30 羅臼岳・岩尾別コース登山状況

7/30 羅臼岳・岩尾別コース登山状況

羅臼岳を岩尾別登山口から登ってきましたので、登山状況・開花状況をお知らせします。




<登山状況>
●大沢は、9割方、登山道が出ていますが、ルート上に雪渓が残っている部分もありました。
     IMGP6346.JPG     IMGP6359 (2).JPG


雪を避けて、登山道から外れたルートを進んでしまうと、植生を踏み荒らすことになってしまいます。
ロープが張られている場所では、ロープ内を進むようにしましょう。




<開花状況>
●羅臼平~山頂までは、多くの高山植物が咲き誇っていました。
IMGP6404 (2).JPG


エゾツツジ、チシマクモマグサ、コエゾツガザクラ、イワヒゲ、アオノツガザクラ、エゾノツガザクラ等など、容姿も異なる様々な花々が登山者を出迎えてくれました。
疲れも忘れてしまうくらいの風景が広がり、最高のご褒美のように感じられます。


     IMGP6362.JPG     IMGP6369.JPG


     IMGP6377.JPG     IMGP6384.JPG


     IMGP6378.JPG     IMGP6387.JPG




IMGP6391.JPG


※装備の確認、技量や体力、その日の天候をよく見て、安全な登山をお楽しみください。


※知床の山々は、いつどこでヒグマと出会ってもおかしくない場所です。
ヒグマに出会わないために、音の出る物(クマ鈴やホイッスルなど)を身に付け、見通しの悪い所等では音や声を出して歩きましょう。
もし、ヒグマを見かけた際は、登山口にあります「ヒグマ目撃アンケート用紙」に記入のご協力をお願いします。


~最後に登山をお考えの方へ~
登山口以外にトイレは設置されていません。
そこで活躍するのが携帯トイレです。
世界遺産センターでも販売していますのでお立ち寄りの際はお声掛けください。


                                                      (担当:向山)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報