知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 出合いに想うこと。

出合いに想うこと。

昨日、岩尾別方面へ出かけてみると、久しぶりに知床連山の連なりを、はっきりと見ることができました。


IMGP4895.JPG


春の訪れを告げる山野草、フキノトウも続々と顔を覗かせ始めましたが、
まだまだ知床の山々は冬の装いです。
知床ならではの情景でしょうか。




IMGP4902.JPG


帰り道には、1匹のキタキツネに出合いました。
この子は全体的に真ん丸く、毛並みもフサフサであったかそうです。


どこか獲物を探している様子で、遠目から観察していると視線が合い、この表情。


その後、すぐさま森の中へと隠れてゆきました。
街の中で見かけるキタキツネとは異なり、警戒心が強く、人になれていない様子。
これが本来の姿なのだと思います。


野生動物との距離が近いことは、知床国立公園の魅力でもあると思いますが、
反面、適切な距離感が必要だと感じることもあります。


この日、出合ったキタキツネ。
これからも逞しく生きていってほしいと想います。


                                                      (担当:向山)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報