知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 01/26 フレペの滝

01/26 フレペの滝

昨日、知床は久々の晴れ。


陽光が照り輝く、散策日和となりました。


フレペの滝へ出かけてみると、約2週間前には笹が出ていた場所は、すっかり雪に覆われていました。


   IMGP4163.JPG      IMGP4194.JPG


降り積もった雪は、大分深くなっているのだろうと、スノーシューを担いでいきましたが、
コース上はよく踏み固められて、雪質も割としまっていたおかげで、つぼ足でも歩くことができました。
(ただ、スノーシューが1番埋まらず歩きやすいです。笑)




フレペの滝の周辺では、山や海から吹きつけられる風により、雪が多く飛ばされます。
その為、地面を掘りやすく、エゾシカが餌を求めて集まってきていました。


IMGP4175.JPG


しばらく観察していると、雄同士が角の突き合いを始めたのですが、争うというよりは練習をしているような印象でした。
よく見てみると1頭は角がまだ小さく、枝分かれの数から見ても若者であることが分かりました。
まさに今、自然界で生き抜く為の術を学んでいるのかな?なんて勝手に想像してしまいました。




展望台では、フレペの滝と知床連山。
この日は、ネイチャーガイドや観光客の方、町民の方とすれ違い、皆が笑みを自然とこぼしていました。
こんな景色が目の前に広がっていれば、「それもそうだな」と知床の自然に感謝しました。


IMGP4184.JPG


久々の太陽を目一杯吸収して、いきもの、山、海、空、雪を楽しんだ、とても贅沢な1日となりました。


                                                      (担当:向山)


※フレペの滝遊歩道入り口の隣、知床自然センター(改装工事中の為、仮説店舗で営業中)で、長靴・スノーシューのレンタルを受け付けており、自然情報等を確認できます。

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報