知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 9/12 夏と秋が同居する知床五湖

9/12 夏と秋が同居する知床五湖

昨日、知床五湖の高架木道を歩いてきました。


色付いてきた草原や、秋空に映える山、海、湖。
野鳥やカエルの鳴声が賑やかに聞こえてきます。


IMGP2076.JPG


雨上がりということもあり空気が澄んでいて、青空や知床連山の山々がいつにも増して綺麗に見えていたように思います。


お昼頃には、27℃位まで気温が上がった知床五湖。
汗ばむような陽気に夏の暑さを感じましたが、木道を吹き抜ける風は秋そのもの。
景色も相まって、夏と秋を両方体感しているような気分になりました。




景色だけでなく生き物(野鳥)との出会いもありました。


IMGP2067.JPG


木道の下に「コソッ」と隠れるように止まっていたのは、ホオジロです。(本人は隠れているつもりはないのでしょうが)


   IMGP2032.JPG     IMGP2035.JPG


「ここ最近、夏鳥の姿をあまり見かけなくなったなぁ」
と思っていた矢先の出会いだったので、自分にとって嬉しい出会いとなりました。


知床五湖を散策される際は、様々な視点・角度から自然を見てみてはいかがでしょうか。
新しい出会いや発見が待っているかもしれません。


                                                      (担当:向山)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報