知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 8/25 羅臼岳・岩尾別コース登山状況

8/25 羅臼岳・岩尾別コース登山状況

一昨日、羅臼岳を岩尾別登山口から登ってきましたので、登山状況・開花状況をお知らせします。




<登山状況>
●大沢は、下部は登山道が出ていますが、上部は雪渓上を登ることになります。


雪渓を登る距離は長くはありませんが、ステップをつけづらく装備(アイゼン、ストック等)がないとうまく踏み込めません。


雪を避けて、登山道から外れたルートを進んでしまうと、植生を踏み荒らすことになってしまいます。
ロープが張られている場所では、ロープ内を進むようにしましょう。


     IMGP1301.JPG


   IMGP1302.JPG      IMGP1321.JPG




<開花状況>
●大沢では、雪解した部分からエゾノツガザクラやチングルマが咲き、
羅臼平では、エゾオヤマリンドウが咲き始めています。


   IMGP1312.JPG      IMGP1330.JPG


   IMGP1306.JPG      IMGP1344.JPG


写真左上から時計回りに、エゾコザクラ、エゾノツガザクラとチングルマ、エゾオヤマリンドウ、チシマノキンバイソウ等が咲いていました。




IMGP1366.JPG


IMGP1378.JPG


吹く風や空気、花々の移ろいを肌で感じ、初秋の訪れを実感した山行きとなりました。




※羅臼平でヒグマの目撃・出没情報が増えてきているようです。
※知床の山々は、いつどこでヒグマと出会ってもおかしくない場所です。
事前の情報集は万全に、ヒグマに出会わないために、音の出る物(クマ鈴やホイッスルなど)を身に付け、見通しの悪い所等では音や声を出して歩きましょう。


※装備の確認、技量や体力、その日の天候をよく見て、安全な登山をお楽しみください。


                                                      (担当:向山)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報