知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 久々!初夏の陽気。

久々!初夏の陽気。

本日、知床・斜里町ウトロは快晴!
汗ばむ位の暑さが戻ってきました。




IMGP0942.JPG


オロンコ岩に上ってみると、エゾノヨモギギク(キク科)の花が咲き始めています。
ボタンのような丸い小さな黄花を多数つけます。
ウトロは限られた自生地の1つで、保護上重要な地域でもあります。


今はまだ1輪が咲いているのみでしたが、8月頃に見頃となりますので、知床の夏に彩を与えてくれることでしょう。




IMGP0940.JPG


こちらは、モイワシャジン(キキョウ科)。
先日(6月28日)のブログ↓ ↓で紹介した時よりも、開花数が増えています。
http://shiretoko-whc.jp/whc/2015/06/post-623.php
階段を上っていく途中にも咲いているので是非探してみて下さい。




IMGP0953.JPG


エゾノヨロイグサ(セリ科)は、ぐんぐんと背丈を伸ばし凛とした装いです。
葉は羽状複葉となり、茎は紫色を帯びます。
高さは2mにもなり写真で見ても大きく生長していることが分かりますが、実物はもっと大きく感じるはずです!


紹介した以外にも色々な花が咲き誇っていますので、壮大な景観と合わせてお楽しみください。


                                                      (担当:向山)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報