知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > フレペの滝とオジロワシ

フレペの滝とオジロワシ

今朝はフレペの滝を散策してきました。


  IMGP0640.JPG     IMGP0646.JPG


遊歩道周辺の木々の葉は大きくなり、朝の空気にホオノキの花の香りが漂います。


写真の横断するエゾシカも人間のことなど気にせずのんびりと草を食んでいました。
夏毛の特徴である鹿の子模様が鮮明になってきています。




             IMGP0656.JPG      


遊歩道脇の地面に目をこらすと、ウツボグサが咲いているのに気が付きます。
ウツボグサは小さく可愛らしい花で高さは10~20cmほどです。




IMGP0663.JPG
IMGP0666.JPG


フレペの滝は雪解け水で水量を増し、轟々と流れていました。
滝のすぐ近くでは、雄々しく佇むオジロワシ。眼下には多数の海鳥達。
眼光は鋭く狩人の眼差しです。まさに空の王者・海ワシとも呼ばれる所以が分かった気がします。


最後に散策の際は、ヒグマ対策をお忘れなく。
※遊歩道の隣にある知床自然センターで、最新のヒグマ情報・自然情報を事前に確認・収集してからの散策をお勧めします。


                                                      (担当:向山)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報