知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 縄張り争いに参戦!

縄張り争いに参戦!

本日、森歩きをしていると、突然、蜂のような羽音が聞こえてきました。
ですが、恐る恐る周囲を見渡しても、蜂がいません。
真上を見てみると、その正体が分かりました。




「蜂」ではなく、「鳥」だったのです。
スズメ目ヒタキ科の「キビタキ」という夏鳥でした。


羽を震わせて蜂の羽音のような音を発することがあり、雄同士の縄張り争いの時に発せられます。


まさに熾烈を極める縄張り争いの真っ最中だったのですが...何やら地味な羽色の野鳥も一緒にバトルに参加していました。




IMGP0099.JPG


キビタキの雌です。


調べてみると、巣の周辺では雌も戦いに参戦することがあるようで、近くに巣を作っていたのかも知れません。
偶然フィルムに写った、その凛とした姿にやはり鳥の世界も母は強しと想いました。


                                                      (担当:向山)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報