知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > フレペの滝、夏鳥続々と!

フレペの滝、夏鳥続々と!

2日前(5月8日)になりますが、フレペの滝を散策してきました。


4月には遊歩道上に見られた残雪も無くなり、トレッキングシューズで軽快に歩けるようになっています!
木々の新緑が陽光に煌めき、草丈もぐんぐんと伸びていました。




IMGP9475.JPG


目的地、フレペの滝は別名に乙女の涙と呼ばれており、しんしんと水が流れ落ちる様子から名付けられました。
今時期は滝の水量も落ち着いており、乙女の涙と呼ばれる理由も頷けます。


また、断崖にある岩肌から流れ落ちる姿は、迫力満点で知床の自然の雄大さや特徴を実感できます。
※フレペの滝は、知床八景の1つにも選ばれています。




最後に、風景だけでなく、多くの野鳥の鳴き声や姿も観察出来ました。
写真は上から、クマゲラ、アオジ、ビンズイ


IMGP9519.JPG


IMGP9501.JPG


IMGP9471.JPG


【見つけた野鳥】
アオジ、センダイムシクイ、オオジシギ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ハシブトガラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、アカゲラ、クマゲラetc...。


※遊歩道の隣にある知床自然センターで、最新の自然情報を事前に確認・収集してからの散策をお勧めします。


                                                      (担当:向山)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報