知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 太陽の温もり

太陽の温もり

3月6日、本日の知床・斜里町ウトロは快晴。


最近は、曇り・雪・吹雪といった日が多かったので、久々の晴天に心が躍ります!


IMGP0995.JPG


今朝のドライブ、車窓からはご覧の景色。




IMGP0952.JPG


海岸線では、「ザッバァ~ン、ザッバァ~ン」と波の音が響きます。


仄かな海の香り、澄み渡る青空に陽光の輝きも相まって、春の近づきを実感しました。
春は勿論待ち遠しいのですが...沖に見える流氷を見てちょっぴり切なくもなったり...。




IMGP0989.JPG  IMGP0990.JPG


IMGP0960.JPG  IMGP0967.JPG


野鳥達や動物も朝から活発に活動しており、知床八景・プユニ岬では、クマゲラ、アカゲラ、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ等の野鳥。
エゾシカのグループが雪を掘っては、また別の場所に移動を繰り返していました。




毎週末の大雪に人も動物も翻弄されながらも、季節は着実に移ろい、時は流れているのだと、
今日のような穏やかな日に改めて想います。
そして、太陽の暖かさ・ありがたみも改めて実感した今朝の散策となりました。(笑)


                                                      (担当:向山)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報