知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > フレペの滝は雪の世界。

フレペの滝は雪の世界。

爆弾低気圧も過ぎ去り、昨日今日と、この時期にしては暖かな陽気が続いている知床。
昨晩から今朝にかけては、雨が降っていたようで、街中に見られた雪もかなり融けたように思います。




さて、昨日はそんな陽気に誘われて、フレペの滝を歩いてきました。
フレペの滝周辺はすっかり雪景色!
散策コースは踏み固められていましたが、気を抜くとズボッと埋まる事もありました。
スノーシューでの散策がお勧めです。


IMGP6406.JPG      IMGP6404.JPG
  



林内を抜けると見えてくる草原(夏期)は、雪原へと姿を変えています。
一面の白の世界に少しワクワクしながら歩いていきます。


IMGP6421.JPG





辺りを見渡すと、まだ笹は出ていましたが、厳冬期にはすべて雪に埋まってしまいそう。
少し離れた所で私に気づいたエゾシカが全速力で森のほうへ駆けていきましたが、彼らにとって厳しい季節が始まろうとしています。


IMGP6414.JPG   IMGP6419.JPG




目的地の東屋(フレペの滝を見渡せる展望台)では、断崖にできた氷の造形とフレペの滝の伏流水が流れ落ちる様子、遠くには知床連山の雄姿も望めました。


IMGP6431.JPG




少し張りつめた空気と生き物達の気配を感じながら、冬の自然美を満喫できました!


遊歩道のとなりに位置する知床自然センターで自然情報などを事前に収集しておくと、散策がさらに楽しめると思います。


                                                      (担当:向山)


記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報