知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > ペレケ川に見るカモ・カモメ類

ペレケ川に見るカモ・カモメ類

昨日は一時雪が降り、急に寒さが増してきた知床。
寒さに負けずに散策に出かけると、冬鳥の姿をちらほらと見かけるようになりました。



今朝は、ペレケ川で冬鳥として知床に渡来するシノリガモが2羽泳いでいるのを見つけました。


IMGP0199.JPG




また、ここ数日、旅鳥であるユリカモメの姿も目にします。


IMGP0170.JPG     IMGP0169.JPG


写真のユリカモメは冬羽の姿で、すこし体系もずんぐりとした見た目です。


今年の春先に見た時は、夏羽の状態でしたので、季節によって姿もまったく異なります。
夏羽時は、体は白く頭部から喉元にかけてが黒くなります。


これから、シロカモメやワシカモメの姿が増えてくると、知床にも冬が訪れたことを教えてくれます。

                                                      (担当:向山)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報