知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 10月30日・雪積もる知床峠で...

10月30日・雪積もる知床峠で...

昨日のことになりますが、悪天候のため夜間通行止からの閉鎖が継続されていた知床峠。
12時に開通となり行ってきました。


ウトロ~知床峠までの国道334号線(知床横断道路)では、道路脇や法面にわずかですが雪が見られました。




IMGP6219.JPG   IMGP6218.JPG



知床峠駐車場では、歩道に50~60cm程の積雪が見られました。
雪上にはすでに人の足跡も付いており、先着の方々もいたようです。


雪を踏みしるザクッザクッ感が懐かしくもなり、長いながい冬の訪れを予感します。




IMGP6226.JPG


IMGP6229.JPG


一時は山肌の雪もすっかり融けていた羅臼岳も、綺麗に雪化粧してお色直し。


海から山へと一気に駆け上るような知床半島だからこその景観を満喫できる知床峠。
こちらに住んでいれば、ほんの少しのドライブですぐに行けてしまいます。




つい当たり前になりがちなこの風景は、人が造り上げたものであり、自然の恩恵や時に猛威を受けながらも多くの人の努力で守られてきた場所なのだと、人が自然と交わっていくことの意義を、ふと考えてしまいました。

                       
                                                      (担当:向山)


記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報