知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 知床峠の朝日。

知床峠の朝日。

いつもより少し早起きをして、知床峠に朝日を見にでかけました。

今朝の峠は雲一つない快晴で、最初は星空が広がっていました。

風が多少吹いていて、とても寒く感じます。

 

P1070034.JPG

羅臼岳も稜線がはっきりと見え、背景の青白い光が幻想的な風景を作り出していました。

 

 

P1070063.JPG

 

5時11分。国後島の後方から太陽が昇り始めました。

あっという間に周りの景色はオレンジ色に染まっていきます。

凍てつくような寒さも、絶景を見た感動と朝日のほのかな熱によって吹き飛んだように感じました。

空にはアマツバメが飛び交い、色付き始めた黄葉を見て、とても気持ちの良い朝を迎えることができました。

 

※知床峠は風が強く吹くことがあります。帽子などを飛ばされないようにご注意下さい。

また、標高が700m以上あるため気温も低くなっています。ダウンジャケットなど暖かい服装の準備をお勧め致します。

 

                                                              (担当:大沢)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報