知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 8月上旬、オロンコ岩から花便り

8月上旬、オロンコ岩から花便り

曇り空や雨の日が続いていた知床ですが、本日は、陽光の輝きが眩しい位に降り注いでいます!


オロンコ岩に上ってみると、爽やかな空気と青空。花々達が出迎えてくれました。
本日、見つけた植物達を紹介します。


IMGP3751.JPG


1枚目は、オホーツク海を背に凛と立つ「エゾノヨロイグサ」。
大きなもので2m程になり、花の見頃は過ぎても大きな存在感を放っていました。




IMGP3756.JPG


続いては、「アキカラマツ」。
小さく多数付いた花を見ていて、花火が弾ける瞬間を連想してしまいました。


名前の由来は、花の形がカラマツの葉に似ていることから付いたそうです。




IMGP3768.JPG


IMGP3783.JPG


こちらは、両方ともバラ科の「キンミズヒキ」(上)と「ナガボノシロワレモコウ」(下)です。
あまり目立つ花ではありませんが、風になびく姿が爽やかであり、夏の清々しさを印象付けます。


写真で紹介した他にも、多種多様な植物達を観察できます。


当館から車で約5分で行くことができますので、斜里町ウトロにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


                                                      (担当:向山)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報