知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 2014.8.19 羅臼岳 岩尾別コース

2014.8.19 羅臼岳 岩尾別コース

一昨日、羅臼岳を岩尾別登山口から登ってきました。


登山道状況ですが、特に気になった点は下記の2点です。


登り始めてすぐ、「倒木あり、頭上注意」の標識看板が立てられており、真上には幹が折れてしまったかかり木があります。頭上に注意ください。


IMGP4056.JPG


その少し先、登山道上に大きな倒木があり、通り抜けられますが、足元に注意が必要です。
先日の台風の影響による暴風雨が関係しているのでしょうか。


IMGP4050.JPG




高山植物の開花は、大沢上部~羅臼平にかけて、タカネトウウチソウ、エゾオヤマリンドウの群落が出迎えてくれ、見頃となっています。


IMGP3999.JPG


IMGP3998.JPG


この他、周囲には見頃は過ぎた印象ですが、アオノツガザクラ、エゾノツガザクラ、チシマツガザクラ(果実)、エゾヒメクワガタ、エゾコザクラ、チシマクモマグサなどが咲いていました。


    IMGP3989.JPG       IMGP3990.JPG


  IMGP3980.JPG      IMGP3977.JPG


ウラジロナナカマドやコケモモは赤く鮮やかな実を結んでいます。


 IMGP3968.JPG     IMGP4107.JPG


木々や植物の移り変わりに、忍び寄る秋の気配を実感できました。




※知床の山々は、いつどこでヒグマと出会ってもおかしくない場所です。 
ヒグマに出会わないために、音の出る物(クマ鈴やホイッスルなど)を身に付け、見通しの悪い所等では音や声を出して歩きましょう。


                                                      (担当:向山)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報