知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 7月上旬、オロンコ岩から花便り

7月上旬、オロンコ岩から花便り

オロンコ岩からお花の便りです。


IMGP2674.JPG


オロンコ岩では、階段脇や岩肌の斜面でキリンソウが見頃です。
葉は肉質で、秋には紅葉するようです。アクセントは雄しべの葯が赤みを帯びるところでしょうか。
漢字では「麒麟草」と書きます。




IMGP2702.JPG


こちらは、イブキジャコウソウ。

キリンソウと同様に海岸の岩場に生える小低木です。
花は茎の先にまとまってつき、ほのかに良い香りがします。
ぜひお試しあれ!

薬用や香料にも利用されるそうです。
「伊吹麝香草」と漢字で書きます。




     IMGP2682.JPG      IMGP2688.JPG



見頃は過ぎてしまいましたが、頂上ではエゾゼンテイカも見られ、
ハマナスの花は、果実へと変わりつつある物もありました。


他にも、ヒオウギアヤメ、エゾノシシウド、エゾノヨロイグサ等が咲き、モイワシャジンも咲き始めています。 


天気が良い日は、ウトロの町を一望できる「知床八景」の1つでもあります。
ぜひ、お越しください。

                                                      (担当:向山)


記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報