知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 春の便り

春の便り

太陽の光に、ウトロの町では道路脇の雪が溶け、アキタブキ(フキノトウ)が続々と芽を出し始めています。


IMGP7741.JPG

             


 
   IMGP9089.JPG

                  
                     IMGP9078.JPG


知床に飛来する夏鳥達も、段々とその姿を見られるようになりました。


ハンノキの木の枝では、ホオジロが、特徴ある澄んださえずりを聴かせてくれました。
「札幌ラーメン味噌ラーメン」などと聞きなされるそうです。



まだ、朝晩との寒暖差が激しく、日中でも風が冷たく肌寒く感じる日がありますが、
知床に芽吹いた小さな春は、季節が着実に移ろっていることを教えてくれているようでした。


                                                      (担当:向山)



記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報