知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 今朝の情景

今朝の情景

昨日、沖合いに見えた流氷帯の行方が気になり、今朝に海を見に行きました。


昨夕頃から北よりの風が強く吹いていた影響でしょうか、流氷が海岸を覆いつくしていました。


プユニ岬からオホーツク海を望めば、かなりの流氷が接岸していることが分かります。


この時季にこれほどの流氷景色!つい頬が緩んでしまいます。


    IMGP8995.JPG


                  IMGP8997.JPG




オオワシ・オジロワシの多くは、ロシア方面へ渡りをはじめ、あまり姿を見かけなくなりましたが、
今朝は流氷の向こうから1羽のオジロワシが飛んできて、私の近くの木に止まりました。


           IMGP9008.JPG


風に羽をなびかせながら、それでもジッと目線は流氷の先を見据えているよう。

知床でも少数が繁殖しているオジロワシ。このオジロワシはどちらなのでしょう。


流氷にオジロワシ、目に映るものは、まだ冬のような知床の情景でした。


                                                      (担当:向山)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報