知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 流れる季節

流れる季節

昨日、日本の多くの地域と同じく、道東でも暴風雪の影響で道路が通行止めになりました。


斜里町ウトロでは、時折突風が吹き視界が悪くなる場面もありました。




本日は、曇りですが青空も見えて散策日和となっています。


       IMGP7756.JPG


プユニ岬から海原を見渡せば、流氷で沖合いまで覆われていますが、
3月上旬にもなると、流氷の密度は日毎に緩みはじめる頃でしょう。


IMGP7751.JPG


                      IMGP7752.JPG


昼夜の寒暖差、広がる雪景色に、まだ春の訪れは遠くに感じつつも、


森に響く野鳥のさえずり、日光の輝き、木々に見られる冬芽の膨らみに、少しずつ、でも着実に春が近づいていることを実感します。


                                                 (担当:向山純平)

 

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報