知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 流氷原というよりも・・・・・・

流氷原というよりも・・・・・・

先週の暴風雪、大雪が落ち着いた後は
毎日のように、快晴や青空の広がる晴天が続いています。

 

気温も暖かくなってきました。
朝晩はまだ冷え込みますが、
日中は零下にならない日も多く、
道路をはじめ、いたるところで雪が解け始めています。

 

 

 

話は戻りまますが
16日から18日の暴風雪が落ち着いた後、
21日の午前中まで降雪が続きました。

 

P2260002.JPG   

 

 

P2260003.JPG

 

現在、オホーツク海は、
いまだに見渡す限りの広範囲を流氷が埋め尽くしています。
ここ数日の気温の上昇でだいぶなだらかになりましたが、
暴風雪後の大雪の影響で、流氷原というよりもまるで「雪原」のようです。

 

 

(担当:イナバアヅサ)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報