知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > これぞ、流氷原!

これぞ、流氷原!

2月に入り、週の半分以上
快晴のような晴れが続いています。

 

 

 

今年の「流氷接岸初日」は、2月5日(水)(記録by知床自然センター)と
「流氷初日」から10日以上間隔がありました。
また、びっしり着岸しても、頼りなさそうで薄いものが多く見られました。

 

 

 

でも、もう大丈夫そうです。
ひしめき合う音が聞こえてきそうなほど肉厚で
どこまでも広がりのある流氷を見ることができます。

 

P2110003.JPG

 

P2110004.JPG

 

 

 

 

こちらは、プユニ岬からウトロを撮影した写真ですが、
「流氷原」という海氷用語がしっくりときますね。
夕方近くには、さらに開水面(流氷と流氷の間の海水)が少なくなっていましたよ。

 

P2110009.JPG

 

 

(担当:イナバアヅサ)


記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報