知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 雨天時の嬉しい出会い

雨天時の嬉しい出会い

昨日は台風の影響も伴い、断続的な大雨に見舞われた知床。

本日も、雨が降ったり止んだりと、不安定な気候が続いていますが、雨上がりの森の中は、晴れの日とは、また違う輝きを魅せてくれます。

 
IMGP3441.JPG  IMGP3175.JPG

知床五湖の遊歩道を散策していると、
カエル達の盛んに鳴く声が四方から聞こえてくれば、足下で元気に跳びはねる姿に何度も出会いました。
(カエルがちょっと苦手な方もミニマムサイズできっと好感がもてるでしょう!)

辺りでは、葉の上にカタツムリを何匹も発見したり、色とりどりのキノコがすくすく育っていました。

  
          IMGP3457.JPG

雨風が止んだ水鏡の湖面を見渡せば、舞い散った落葉が風景をそっと彩っている様に思いました。

草木や森に潜む生き物にとって、雨は大事な自然の恩恵であることを改めて気付かされます。

季節の変わり目ですので、防寒着や雨具を持参のうえ、自然散策をお楽しみください。

                                                          (担当:向山純平)








記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報